2024年 5月 24日 (金)

ジャニー喜多川氏の性加害疑惑「報じなかったマスコミ」に北村弁護士激怒 「全くまともではなかった」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   北村晴男弁護士が2023年4月26日に公開したYouTube動画で、ジャニーズ事務所創業者として知られる故ジャニー喜多川氏による少年らに対する性加害疑惑について、過去のマスコミの姿勢を糾弾した。

  • ジャニーズ事務所
    ジャニーズ事務所
  • 4月12日に記者会見した時の岡本カウアンさん
    4月12日に記者会見した時の岡本カウアンさん
  • 多くの報道陣が詰めかけた岡本カウアンさんの記者会見
    多くの報道陣が詰めかけた岡本カウアンさんの記者会見
  • ジャニーズ事務所
  • 4月12日に記者会見した時の岡本カウアンさん
  • 多くの報道陣が詰めかけた岡本カウアンさんの記者会見

「怒りを禁じ得ないですね」

   北村弁護士は26日、「ジャニーズ性加害問題 ジャニーズvs週刊文春」と題した動画を公開し、英BBCが3月にドキュメンタリーで報じた喜多川氏による性加害疑惑に関する視聴者の質問を取り上げた。1999年に週刊文春が報じ、訴訟となった件を引き合いに、今回の報道に関しても「事実である可能性が極めて高い」とした。

   喜多川氏による性加害疑惑を報じた週刊文春の記事をめぐっては、喜多川氏とジャニーズ事務所が、計1億円余りの損害賠償を求めて東京地裁に提訴。一審の東京地裁判決では性加害の事実を認めず文春側に計880万円の支払いを命じたが、二審の東京高裁判決では「その重要な部分について真実」と認定し賠償額を120万円に減額した。ジャニーズ側は上告したものの、最高裁は04年2月に上告を棄却。高裁判決が確定した。

   北村弁護士は「大変な事件ですよね。少なくとも東京高裁の判決が出た2003年7月当時、日本のマスコミがまともであれば大々的に報道されたと思います。そして日本国民の大部分がそれを知ることになった。これは間違いないです。『まともであれば』ですよ」とした上で、実際のマスコミの報道に怒りを露わにした。

「しかし、全くまともではなかった。どうしようもないマスコミばかりだったと言えると思います。マスコミの役割、報道の役割、これを考えると、怒りを禁じ得ないですね。怒りがふつふつと湧いてきます」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中