2024年 6月 19日 (水)

「3Aでも自信を取り戻すのは難しい」 ラミレス氏が見た先発・藤浪晋太郎の実力...中継ぎ転向のメリットも指摘

   プロ野球・横浜DeNAベイスターズで監督を務めたアレックス・ラミレス氏が2023年4月27日公開のYouTube動画で、大リーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎投手へアドバイスを送った。

   藤浪の成績は27日現在、0勝4敗で防御率12.71、自責点は24。開幕直後は先発として登板していたが、結果が出ずリリーフに配置転換された。

  • 藤浪晋太郎(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    藤浪晋太郎(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 藤浪晋太郎(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「まだMLBで投げる準備は出来ていない」

   藤浪はメジャー4度目の先発登板となった23日(日本時間)のレンジャース戦で、3回途中7安打8失点と打ち込まれた。

   同日にツイッターを更新したラミレス氏は結果について「プロ野球時代に何度も見ていたので特に驚いてはいない」としつつ、「チームにとって最善の方法は、藤浪を1、2イニングのリリーバーとして起用すること。もしくはAAで調整させること。まだMLBで投げる準備はできていない」とコメントしていた。

   25日には、アスレチックスのマーク・コッツェイ監督が藤浪投手の中継ぎ配置転換を告げたと報じられた。ラミレス氏は同日のツイッターで、「藤浪が自信を得て、MLBレベルの投手だということを証明できるといい。とにかく、これで速球と制球力に焦点を置くことができる」とつづっていた。

   27日のエンゼルス戦で中継ぎ配置転換後の初登板を果たした藤浪投手は、5点のリードを許す中、6回にマウンドに上がり、大谷翔平選手からの1被安打を含む2回2安打1失点。自責は0だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中