2024年 4月 13日 (土)

入院中の犬脱走→列車衝突で死亡 動物病院が「重大事故」謝罪「安全管理の重大な過失が招いた惨事」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京都杉並区にある動物病院に避妊手術のため入院していた犬が脱走し、列車事故に遭って死亡したとして、2023年4月27日に同院が公式サイト上で謝罪した。事故の発生を受け、同院は臨時休診となっている。

  • 杉並区の動物病院「永福あにまるクリニック」(公式サイトより)
    杉並区の動物病院「永福あにまるクリニック」(公式サイトより)
  • 杉並区の動物病院「永福あにまるクリニック」(公式サイトより)

外出時に首輪外れる

   「重大事故発生のお詫びと臨時休診のお知らせ」と題した文書を発表したのは、杉並区の「永福あにまるクリニック」。同院の院長は「4/24に入院管理する犬を脱走させ、列車事故に遭わせ死亡させてしまうというとても悲しく痛ましい重大な事故を発生させてしまいました」と事態を報告した。

   発表によると、4月24日夜に避妊手術のため入院していた犬を排尿のために外へ出させた際に首輪が外れ、犬が脱走。このとき犬にはリードと首輪を使用していたが、ハーネスは使っていなかった。その後、警察の協力で捜索するも同日中には見つからず。翌日になり、犬が脱走直後に列車事故に遭い、亡くなっていたことが発覚した。

   同院は「御遺族およびその御家族である御愛犬に深い哀悼の意と、心よりの謝罪を申し上げます。そして、御愛犬の御冥福を心よりお祈りいたします」と謝罪。さらに「当院の安全管理の重大な過失が招いた惨事であり、本来絶対にあってはならない事であります。命を預かる者として非常に重く責任を感じております。信頼されお預けいただいた結果失わせてしまった大切な命とご遺族に対し改めて謹んでお詫び申し上げます」と重ねてお詫びした。

   「今後は専門家の意見を交えながらご遺族と対応を協議し、誠心誠意謝罪する所存です」と対応と伝え、さらに「二度とこのような事故が起こらぬよう安全管理対策が改善され、確かな安心を届けられるようになるまでしばらくの間閉院いたします」とした。

   発表では事故発生の経緯も説明している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中