2024年 2月 26日 (月)

イオン定款「基本理念」が約260字→2000字超に大幅増 「平和への思い」など詳述、一体なぜ?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   流通大手のイオンが2023年5月26日に開く株主総会で提案する議案が異例の内容で、ツイッター上で注目が集まりつつある。定款の変更、具体的には第2条の「基本理念」の部分だ。変更前は260字程度だったが、変更後は2000字超の大ボリュームだ。基本理念が4月1日に改定され、それを定款にも反映したい考えだ。

   従来の基本理念では「お客さま」を原点に「平和」「人間」「地域」の3つを掲げてきたが、改訂後はそれぞれについての考え方を詳細に記述。「平和」については600字程度を割き、岡田卓也名誉会長相談役が、「小売業の存在こそが平和の象徴であると実感した」エピソードなどが書き込まれている。

  • イオンが株主総会で提案する議案が異例の内容だ(写真はイメージ)
    イオンが株主総会で提案する議案が異例の内容だ(写真はイメージ)
  • イオンが株主向けに出した株主総会の招集通知。定款で「基本理念」の記述を大幅に増やすことが提案されている
    イオンが株主向けに出した株主総会の招集通知。定款で「基本理念」の記述を大幅に増やすことが提案されている
  • イオンが株主総会で提案する議案が異例の内容だ(写真はイメージ)
  • イオンが株主向けに出した株主総会の招集通知。定款で「基本理念」の記述を大幅に増やすことが提案されている

小売業は「平和産業であり、人間産業であり、地域産業」

   これまでイオンのウェブサイトに掲載されていた「基本理念」は、「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というキャッチフレーズと、「平和」「人間」「地域」の3つを結んだ三角形の中に「お客さま」を描いた概念図、それを説明する6行の文章で構成されていた。

   5月9日の取材に応じたコーポレート・コミュニケーション部によると、この書きぶりでは「理念が正確に伝わりにくかった」。そのため、改定作業を数年かけて進め、改定版を4月1日の入社式でお披露目した。検討を進める中でロシアによるウクライナ侵攻が始まった。イオンでは、ウクライナ侵攻を機に改定したわけではない、と説明している。

   改訂後の基本理念では、冒頭部分で「小売業が平和産業であり、人間産業であり、地域産業であると信じ」るとして、それぞれの要素について解説している。平和については、次のように説明している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中