2024年 5月 28日 (火)

韓国代表選手に「WBC後遺症」 リーグで故障者続出、21歳右腕も靱帯損傷で今季絶望...現地報道

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   韓国プロ野球KTウィズに所属するソ・ヒョンジュン投手(21)が右肘の靱帯を損傷したと複数の地元メディアが2023年5月11日に報じた。朝鮮日報(WEB)によると、5月10日に行われたNCダイノス戦の登板中に右肘の痛みを訴え途中降板。検査の結果、右肘靱帯損傷の診断を受けた。今後手術を受ける予定で今季は絶望だという。

  • WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • WBC韓国代表(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

5月1日には3選手が戦線離脱

   ソは国内リーグの有望株で3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に韓国代表として出場し、1次ラウンドのオーストラリア戦と中国戦に登板。韓国は初戦のオーストラリア戦敗退が響き2勝2敗で1次ラウンド敗退し、代表選手は3月14日に帰国してそれぞれの所属チームに合流した。

   今季韓国リーグではWBC代表の故障者が続出している。

   今回右肘の靱帯を損傷したソは、開幕早々の4月2日の試合中に右腕の筋肉を痛めて出場選手登録を抹消された。5月3日に1軍に復帰したばかりだった。LGツインズのオ・ジファン内野手(33)は脇腹を痛めて4月7日に戦線離脱。WBC期間中に左ふくらはぎを痛めていた起亜タイガースのナ・ソンボム外野手(33)は開幕に間に合わなかった。

   5月1日にはWBC代表の3選手がそろって戦線を離脱した。抹消されたのはLGツインズのコ・ウソク投手(24)、NCダイノスのイ・ヨンチャン投手(34)、TKウィズのパク・ビョンホ内野手(36)。コとイは抑え投手で、パクはWBCで代表の4番を任されたスラッガーだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中