2024年 6月 15日 (土)

韓国に渡った元NPB選手、打率.125・本塁打ゼロと大不振 1億円超契約も「期待外れ」...地元メディアが伝えた現状

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   韓国プロリーグのハンファ・イーグルスに所属するブライアン・オグレディ外野手(30)の打撃不振が続いている。2023年5月14日に行われたSSGランダース戦に「5番・レフト」で先発し5打数無安打で打率を.125まで下げた。今季は19試合に出場し、期待された本塁打はゼロと振るわず絶不調に陥っている。

  • オグレディ選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    オグレディ選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • オグレディ選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「復活するか、それとも帰国するかに注目」

   今季は開幕から打撃が低迷し4月22日時点で打率.127、本塁打ゼロ、8打点だった。地元メディアによると、23日に2軍落ちして2軍戦で調整を続けるも打率1割台と振るわず、加えて風邪をひくなどして1軍昇格が大幅に遅れた。

   5月11日に1軍に合流し、13日のSSGランダースとの第2戦にスタメン出場した。4打数1安打を記録し首脳陣を安堵させたが、14日の第3戦では快音は聞かれず無安打に終わった。

   5月7日に公開した記事でオグレディを「期待外れ」と酷評したスポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は15日にオグレディの特集記事を組んで現状に言及した。

   「ホームランゼロ、打率.125 90万ドルオグレディへの我慢はどこまで?」とのタイトルで記事を展開した。ハンファ・イーグルスは極度の不振に陥っているオグレディにどこまで我慢できるか。オグレディは復活するか、それとも帰国するか注目されるとした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中