2024年 2月 22日 (木)

「モンゴルからの帰国便が消えた」呟いたら...世界に拡散→驚きの展開に 「Twitterってすげぇ」体験談に反響

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   3年ぶりに、新型コロナウイルスに関する規制が緩和された2023年のゴールデンウィーク。久々に海外旅行に行ってきたという方も多いのではないでしょうか。Twitterでは、海外で遭遇した思わぬトラブルに関する体験談がよく話題になります。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「海外旅行のトラブル」に関する話題を掘り下げます。

  • 海外旅行のトラブルが思わぬ展開に…(画像はイメージ)
    海外旅行のトラブルが思わぬ展開に…(画像はイメージ)
  • 海外旅行のトラブルが思わぬ展開に…(画像はイメージ)

「屋台メシは絶対食べるな」ガイドが放った強烈な一言

   海外旅行でのトラブルの中でも鉄板のネタと言えるのが、「現地の食事や水にあたってお腹を下すこと」です。

   あるTwitterユーザーが約15年前に中国の北京を旅行した際、旅行ガイドに「屋台メシは絶対に食べるな」と言われたというツイートが話題を呼びました。

15年前に北京に行った時、ガイドに『屋台メシ絶対食べちゃだめ、中国人は良いんだ俺たちは毒に強い』って言われた→皆さんの腹下しエピソード集まる - Togetter

   ガイドさんは自身も屋台飯を手にしているにも関わらず、この言葉を放ったそう。投稿者がガイドさんに「(現地の人は)みんな食べてるじゃん!」言ったところ、「中国人は良いんだ中国人は、こんなこと言いたくないけど俺たちは毒に強い」と自虐交じりの返答が。

   このツイートに対して「大陸の水は質が違います。生ものは果物も含めて避けた方が無難」「台湾の屋台の店員さんが、テントから滴ってくる雨水で手を洗ってるの見て察した」 「海外暮らししていた中国人でも、帰って屋台メシを食べるとおなか壊すと言ってた」など、渡航先での屋台飯の怖さを知る人から共感の声が多数寄せられました。

   一方で「全然平気だった」「3日経てば慣れる」といった声もありました。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中