2024年 6月 19日 (水)

復調の村上宗隆「WBC燃え尽き症候群」払拭か 元侍ジャパン戦略コーチが指摘する「完全復活の可能性」

   プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手(23)が2023年5月21日に横浜スタジアムで行われたDeNA戦に「4番・サード」で先発出場し、今季7本目の本塁打を放った。試合は3-3の引き分けに終わったが、村上は5打数2安打2打点を記録し主砲として存在感を示した。

  • 村上選手(写真:CTK Photo/アフロ)
    村上選手(写真:CTK Photo/アフロ)
  • 村上選手(写真:CTK Photo/アフロ)

「WBCのメンタル的な影響が大きい」

   今季は開幕から打撃不振が続き、4月は本塁打わずか1本、打率は.152まで落ち込んだ。5月に入ってからは打撃が向上し、22日時点で5月の打率は.274まで上昇。今季通算打率は.207と依然として低い数字だが、ここにきて復活の兆しが見えてきた。

   昨季、史上最年少の3冠王に輝き、3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表の主軸として活躍した村上。完全復活は近いのか。J-CASTニュースは、ヤクルトOBで19年にコーチを務めた橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

   橋上氏は開幕からの不調要因のひとつにWBCの影響を挙げた。13年大会で戦略コーチを務めた経験からWBCに出場した選手が開幕から調子を維持する難しさを解説した。

「今季ここまでの不調を技術的なものと考えるか、それともWBCの影響と考えるか。私は後者でWBCのメンタル的な影響が大きいと思います。WBCでの張り詰めた緊張感の日々が長く続きましたから。終わってしまうとどうしても緩むというかホッとする部分が出る。ペナントレースが始まってもWBC以上の緊張感やそれ以上高い集中力は、なかなか自分の意思ではどうにもならないと思います」

   13年大会にコーチとして出場した経験から「WBCはペナントレースと別次元の戦いを強いられる」とし、「大会終了直後は息を大きく切らして高い山を登り切った感じで、達成感というよりは心身ともに疲労困憊という感じです」と振り返った。13年大会は準決勝でプエルトリコに敗れ、決勝進出を逃した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中