2024年 6月 19日 (水)

「酷い話」「そりゃ断るわ」 編集者がまさかの勘違い...人気漫画家が味わった「失礼すぎる依頼」の中身

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アニメ化もされた「ハイスコアガール」などの作品で知られる人気漫画家の押切蓮介さんが2023年5月21日のツイッターで、編集者から受けた失礼な対応を紹介するアニメーション動画を投稿した。

  • 押切蓮介さんのツイッター
    押切蓮介さんのツイッター
  • 押切蓮介さんのツイッター

「編集者がこういう間違いするか!?」

   押切さんはツイッターで、「本当にあった執筆依頼での話」とつづり、アニメ動画を公開した。編集者の男性とカフェのような場所で打ち合わせをしている場面が描かれている。

   「押切先生には前々から原稿を依頼したかったんですよ!」と軽快に語り始める編集者。だが、押切さんの作品で一番好きなキャラとして挙げたのは、「クソムシ」というセリフを言う「仲村さん」だった。

   編集者が挙げた「仲村さん」は、「惡の華」に登場するキャラクターだと思われる。だが惡の華は、押切さんではなく、別の漫画家である押見修造さんの作品。アニメの押切さんは

「こ、こいつ、押見修造君の『惡の華』の話をしてねえか!?」

と驚愕した様子を見せた。

   その後も編集者は押見さんの作品の話を続け、押切さんは「完全に押切さんと押見が混合してんじゃねえか」と確信したそう。押切さんによると間違えられることはよくあるそうだが、「編集者がこういう間違いするか!?」と困惑しつつ、「俺にとってはバナナのバの字とバッキンガム宮殿を混合させちまうようなもんだよ」とした。

   結局、押切さんは自ら「僕は押見修造ではないです」「僕は『ハイスコアガール』を描いている方です。『惡の華』は押見君です」と指摘する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中