9月1日は「子どもの自殺」断トツの日 夏休み明けに何が彼らを追い詰めるのか

印刷

   「9月1日は、1年の中でも18歳以下の自殺者数が突出して多くなる日。その割合は、なんと他の日の2.6倍」。――このショッキングな数字は、内閣府が「自殺対策白書」で示したデータだ。

   多くの学校で夏休みが終わり、二学期が始まるのがこの2016年9月1日。「学校が始まる」ことが子どもにどんな負担を与えるのか。

  • 9月1日はなぜ18歳以下の自殺が多いのか
    9月1日はなぜ18歳以下の自殺が多いのか

青森市の中2女子の「いじめ自殺」は始業式翌日

   2015年8月に発表された「自殺対策白書」によると、1972~2013年の42年間で自殺した18歳以下の子どもは、合計1万8048人。365日別でみると1日に平均約50人だが、最も多い9月1日は131人で、平均の2.6倍と突出している。翌日の9月2日も4番目に多い94人、前日の8月31日も5番目の92人だ。白書では、夏休み明けのこの時期は「生活環境が大きく変わり、プレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と分析している。

   青森市立中学に通う2年生の女子生徒が電車にはねられ死亡したのも、同校の2学期の始業式翌日、2016年8月25日だった。学校での「いじめ」を苦に自殺したとみられており、生徒のスマートフォンには遺書と思われる訴えが残されていた。女子生徒はこの日、「遅刻する」とだけ学校に連絡し、登校しなかった。

   不登校・引きこもりの情報を発信する「全国不登校新聞」の石井志昂編集長は、ニュースサイト「Compass.」の2015年9月1日付記事で、「学校の辛さ」として、クラスカースト(教室内の身分格差)によるいじめを挙げ、「死ぬほど辛い学校に戻らねばならないことが子どもたちを苦しめる」と、夏休み明けの子どもの心理を分析している。

   こうした中、悩みを抱える子どもが夏休み終了を機に自殺を選ばないよう、支援する団体が増えている。NPO法人「フリースクール全国ネットワーク」が進める「夏休み明け【学校がつらくてもココがあるよ!プロジェクト】」では、子どもに学校に代わる居場所を提供するフリースクールや相談所など約90団体に協力を呼びかけ、インターネット上で情報を提供。電話やメールでの相談も受け付けている。

実は「いじめ」よりも多い「家族からの叱責」

   NPO法人「東京シューレ」は協力団体の一つで、いじめられた経験をもつ子どもが多く通うフリースクールを運営。スクールの生徒が「学校に行くことは義務じゃない」「我慢せずに助けを求めていい」と呼びかける動画を公開し、学校に行きたくない子どもたちへ積極的に門戸を広げている。

   悲痛な出来事としてクローズアップされやすい「いじめ」だが、子どもが自殺する理由はそればかりではない。「自殺対策白書」では、特定できた自殺原因を大きく6つにまとめている。それをみると、「いじめ」や「学友との不和」よりも、「親子関係の不和」「家族からのしつけ・叱責」が大きな比率を占めており、特に中高生は「学業不振」「進路の悩み」が高い傾向にある。

   武蔵野大学講師で教育学博士の舞田敏彦氏は、日経新聞系列のウェブサイト「日経DUAL」の2014年11月6日付記事の中で、学業の悩みで自殺する子どもが多い理由をこう論じた。学歴社会にあって「過酷な受験勉強は心身に大きな負担となる」とし、子どもたちには家も含めて「逃げ場がない」と推察。さらに、子どもが望まない受験勉強を親が強制するのは「児童虐待に相当する」と、子どもたちが学校でも家庭でも勉強に関して過度なプレッシャーを受けている現実を紹介した。

   知らず知らずに親が子どもに与えてしまう負担について、前出の東京シューレの奥地圭子理事長は2016年8月29日放送の「NEWS23」(TBS系)でのインタビューでこう話した。

「親は『夏休みは終わりでしょ?宿題やったの?』と言っちゃう。子どもによっては、それは辛い日々なのだと知ってほしい」

「親は毎日コミュニケーションをとってほしい」

   同番組で駒田圭吾アナウンサーは、中学時代にいじめを受けていた経験を告白しながら、親たちにこう呼びかけた。

「『迷惑をかけてしまう』『恥ずかしい』と思って相談できない場合も多い。うちの子は大丈夫と思っても、親は毎日コミュニケーションをとってほしい」

   内閣府や文部科学省も、自殺対策として電話による相談窓口を設置している。内閣府のウェブサイトでは、悩みをもつ本人だけでなく、周囲の人に対しても「じっくりと話を聴いて、相談窓口を紹介してあげてください」と呼びかけている。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中