男の脳は女より重くIQも高い? 海外で発表された論文の真相は

印刷

   男性のほうが女性より脳が大きく、IQも4ポイント近くの差があった――そんな海外の論文をもとにした情報が、2017年5月7日ごろからいくつかのまとめサイトなどで見られる。

   よくある男脳女脳の話か、あるいは単なるフェイクニュースか。ニュース元とされている5月5日付の英タブロイド紙「デイリーメール」オンライン版を読み解いてみた。

  • 脳が大きいと知能が高いわけではないと思うが
    脳が大きいと知能が高いわけではないと思うが

認知機能テストのスコアで男女差

   デイリーメールによると、論文を発表したのはオランダのエラスムス・ロッテルダム大学の心理学研究所に在籍するディミトリ・ファン・デル・リンデン助教授だという。その名前と論文の掲載誌とされている国際知能学会誌「Intelligence」で調べたところ、「Sex differences in brain size and general intelligence (g).(脳の大きさと一般知能の性差)」という、5月2日に発表されたばかりのデル・リンデン助教授の論文がすぐに見つかった。

   論文の摘要によると、目的は脳の形態と一般知能に男女差があるかを検証するもので、「Human Connectome project」という米国立衛生研究所と世界各国の研究機関11か所が共同で実施した、人間の脳のニューロンのつながりや構造を正確にマッピングする別の研究のデータを利用しているという。

   具体的には22~37歳の健康な男女896人を対象に実施した「MRI(核磁気共鳴画像法)」と認知テストの結果を分析し、脳の総体積や「大脳皮質」の表面積、脳の表面にある「灰白質」と中身にあたる「白質」の比率といった脳の形状と知能の関係を調査するというものだ。

   まずMRIの画像から男性と女性では明らかに男性の脳が大きく、総体積や灰白質、白質の体積でも男性が多かった。ただし、論文でも言及されているが、男女で脳の体積に差があり、身長や体重、体格の違いを考慮しても男性の脳が大きいことは数十年前からすでに分かっていたことだとされている。

   では知能差があったというのはどういうことだろうか。デイリーメールは「女性は男性よりもIQが3.75ポイント低下していた」としているが、デル・リンデン助教授の論文によると性差があったのは知能テストやIQ検査の結果ではなく、脳内の神経回路の変化が行動や記憶、思考、感情の変化にどのような影響を与えるのか調査した「行動テスト」に含まれていた認知機能テストのスコアだ。このテストで男性が女性よりも平均0.25スコア高くなっており、IQに換算すると3.75ポイント程度に相当するということになっている。認知機能テストの内容別にみると、空間認識能力のスコアは女性の低スコア化が顕著で、記憶能力では女性が高い傾向にあったという。

真逆の研究結果もある

   一連の結果を踏まえデル・リンデン助教授は性別と知能差の因果関係はわからないとしつつも、「知能と脳の大きさには何らかの関係があり、男性は女性よりも脳のサイズが大きいことは事実である」としている。

   ただし、今回の結果が男女の知能差の決定的な証拠というわけではない。同じ「Human Connectome project」のデータを元にした米カリフォルニア大学の研究では女性の脳は神経回路の接続性が高く、情報が整理されており、情報処理能力が効率的で高いとされているが、デル・リンデン助教授らはあくでもデータの比較で、神経回路の状態や情報処理能力には着目していないとコメントしている。

   また、エジンバラ大学の研究者らが男女5216人を対象に調査を行い、4月に発表した別の研究(「Sex Differences In The Adult Human Brain: Evidence From 5,216 UK Biobank Participants.」)では脳の大きさは男性が大きいが、大脳皮質の厚みは女性が厚く、認知能力とIQ検査の結果も女性の方が高い傾向にあると、デル・リンデン助教授らとは真逆になっている。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中