アルツハイマー病、オリーブオイルに予防効果あり

印刷

   高齢化社会の問題の一つに挙げられる認知症のなかで最も多いとされるアルツハイマー病をめぐり、エクストラバージンオリーブオイル(EVOO)が予防効果を持つ可能性があることが米国の研究者らにより報告された。

   マウスを使った実験でわかったもので、予防だけでなく症状の進行を止めて回復に導く働きも期待できるという。

  • エクストラバージンオリーブオイルがアルツハイマー病に効果があることが示された
    エクストラバージンオリーブオイルがアルツハイマー病に効果があることが示された

米研究グループがマウス使って示す

   今回の報告を行った研究者らは、これまでにも「脳の健康によい」あるいは「認知症予防に効果あり」とされてきた「地中海ダイエット」に注目。そのなかで、主要食材の一つであるEVOOにしぼって効果の可能性を探った。

   アルツハイマー病の遺伝子を組み込んだマウスを、EVOOを与えるグループと与えないグループに分け観察したものだが、EVOOのグループでは脳に改善に向かう変化がみられた。

   研究を行ったのは、米テンプル大学医学部(ルイス・カッツ校)の研究グループ。2017年6月21日付で、米神経学会と出版社が提携して創設したオープンアクセス誌に論文を寄せた。

   それによるとマウスには、アルツハイマー病の3つの主要症状である「記憶障害」「脳のアミロイド班」「脳の神経原線維変化」があらわれるようにし、これらがEVOOの摂取でどう変化するかをみた。

   アミロイド班は、アルツハイマー病でアミロイド前駆体タンパク質の断片が神経細胞間に蓄積し神経細胞同士のコミュニケーションを阻害する。神経原線維変化は、健康な脳組織では栄養物などを運ぶタウたんぱく質がアルツハイマー病では細胞のなかで絡まり栄養が滞って細胞が死んでしまう現象(リン酸化)。

脳内の細胞「オートファジー」を活性化

   EVOOを与えてから3か月目と6か月目に研究グループはマウスの脳組織を解析したところ、神経細胞の外観と働きは、EVOOを与えていないグループとは際立って違いがあることを示していた。

   神経細胞同士のコミュニケーションを促す細胞間の連接部であるシナプスは非常に良好な状態で保持されており、脳組織は、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みである「オートファジー」の活動が「劇的に増加」し神経原線維変化の改善を示していた。

 

   こうしたことから、この実験で、EVOOがオートファジーの増加を促し、アミロイド班やタウのリン酸化を抑制していることが示された。

 

   研究グループのリーダー、テンプル大医学部のドメニコ・プラティコ教授は「画期的な発見。オートファジーの活性化で認知能力やシナプスの状態が保持されていた。アルツハイマー病の進行を決定づけている病理学効果が有意に抑制された」と述べている。

 

   プラティコ教授らの研究グループは、アルツハイマー病がさらに進行したマウスにEVOOを与える実験を計画している。「アルツハイマーとみられる患者が医師のもとを訪れるのは認知症の兆候を感じてから」と同教授。「そうした段階でもEVOOが症状を止め、回復に向け反転させられるかどうかを確認したい」

 

   米国では約500万人のアルツハイマー病患者がいると推定されており、日本では、約462万人(厚生労働省13年6月発表)認知症患者のうち6割ほどがアルツハイマー病とみられるという。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中