タレント見栄晴の母が「ゴミ屋敷住人」 誰にもありうる恐れを回避するには

印刷

   家の中がモノで埋め尽くされ、生ごみや食べ残しが腐臭を放つ。撤去したいがその家の住人は「必要なものだ」と断固拒否――。こんな「ごみ屋敷」の困った事例がしばしば、メディアで報じられる。

   だが実は、少数の「一風変わった人」の仕業とは言い切れない。加齢や生活環境の悪化により、自分の身の周りがごみだらけになる恐れは誰にでもある。

  • 人ごとではないかもしれない(写真はイメージ)
    人ごとではないかもしれない(写真はイメージ)

脳の前頭葉を含めた老化で関心の範囲が狭まる

   タレントの見栄晴さん(50)の母親が2017年5月、89歳で亡くなった。東京都内にある築40年の一戸建てにひとりで暮らしていたが、晩年は家の中にモノがあふれる状態だったという。その様子が、2017年10月6日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)で紹介された。

   家の2階に上がると、廊下までモノがはみ出している。独身時代に同居していた見栄晴さんや、母親自身の部屋は大量の衣類や布団をはじめ、すき間がないほどで「その中で母親は寝ていた」という。

   40年以上前に夫と死別した後は、見栄晴さんを育てるためひとりで食堂を切り盛りしてきた。働き者の母親に変化が見え始めたのは、見栄晴さんが40歳で結婚し、別々に住むようになってから。実家に戻るたびに、物が増えているように感じたという。

   79歳で初めて、ひとりで暮らす母親の体に現れた異変。それは、「前頭葉萎縮現象」だった。シニアメンタルクリニック日本橋人形町院長の井関栄三医師は、「脳の前頭葉を含めた老化によって、関心の範囲が狭まる。自分の所有物、金銭、身近なものに対する執着が強くなる」と解説した。モノを捨てられず、まずは空室となった見栄晴さんの部屋にためこみ、体力の衰えと共に動くのが億劫になって自分の周りに置くようになったと思われる。

    81歳で転倒し足を骨折。さらに腸閉塞や心不全、尿路感染に次々と襲われ、見栄晴さんが自宅で介護するようになるが今年5月、帰らぬ人となった。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中