鶏レバーの食べ過ぎに要注意! 毎日1串でもハゲる可能性

印刷

【ソレダメ!】(テレビ東京)2017年11月8日放送
「老けない身体SP」

   いつまでも見た目を若く保ちたい人は多いだろう。老けないために最も重要なことの一つが、健康的な食生活だ。

   番組では、「老けない人は何を食べているのか」の著者・日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏が、美容のための食事について解説した。

ナッツやドライフルーツは2、3個にとどめて

   ビタミンAが豊富な鶏レバーだが、食べ過ぎると薄毛になるおそれがある。

   30~49歳のビタミンAの1日の摂取推奨量は900マイクログラムだが、鶏レバー串を1本食べると4200マイクログラムにもなる。ビタミンAの過剰症の一つに脱毛があるのだ。

   居酒屋でたまに1本食べるくらいなら問題ないが、毎日食べ続けると危険だ。適量を心がけよう。

   美容のためと思ってナッツやドライフルーツをたくさん食べるのはNGだ。確かに栄養価はとても高いが、その分カロリーも高い。小腹が空いた時の適量は2~3個だ。

   甘いものを食べたい時は食後にしよう。空腹時に甘いものを摂(と)ると血糖値が急上昇する。血糖値を下げる働きがあるインスリンが放出されるが、体脂肪を作る働きもあり、肥満につながりやすい。

   若々しい肌を保つためには色々な食材を摂るべし。肌の状態は季節によって異なるので、季節に応じて必要な栄養素を意識して摂る必要がある。

   冬は乾燥し、血行が悪くなる。カキ、ギンダラ、カボチャ、ブロッコリーなど、ビタミンEが豊富な食材がオススメだ。

   フルーツの中で肌によいのはキウイだ。「美肌ビタミン」といわれるビタミンA、C、Eが豊富に含まれる。キウイに含まれるビタミンAは植物性のβカロテンで、必要に応じて体内でビタミンAに変わるので、食べ過ぎによる薄毛の心配は不要だ。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中