sajou no hanaとして生み出す新たなサウンド。作詞・作曲家 渡辺翔は「更に向こうへ」と進む

   アニソン界きってのボーカリストLiSAから、アイドルグループけやき坂46(現・日向坂46)まで幅広く楽曲を提供し、それぞれのファンに強い印象を与え、作詞・作曲家として高い評価を得ている渡辺翔。今回はその渡辺に、現在に至るまでの道のり、楽曲制作の舞台裏、自ら立ち上げたバンドsajou no hanaとしての新たな挑戦、そしてLiSAとSONY Just earのコラボレーションによるテーラーメイドイヤホン「XJE-MH/L1SA」を使用した印象を聞いてみた。

justear_20190807175506.jpg

プロデューサーを目指したはずが作曲家の道に

   ──作曲を始めたのはいつごろからですか。

   19歳です。遅いですよね(笑)。自分でもそんな出遅れてのスタートでアーティストになれるなんて思いませんでした。高校を卒業するときには、アーティストを世に紹介していく立場で音楽に携わっていこうと考えて、音楽専門学校のプロデュース学科に進学したんです。

   ──音楽好きらしい進路選択ですが、実際にはプロデューサーにはなっていませんよね?

 

   入学してみたらその学科は、アーティストのために自ら作曲することも含めた、小室哲哉さんタイプの総合的なプロデュース学科だったんです。それで僕も授業がありますから否応なく作曲を始めることになりました。でもやっていくうちに面白くなって作曲家を目指すようになりました。

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら