2020年 10月 25日 (日)

ブロガーに聞いた「会社の忘年会は必要ですか?」

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   2008年もあと少し。1年を振り返りつつ親睦を深める「忘年会」という日本独特の年中行事が、今年も各所で繰り広げられている。だが、友人や家族との忘年会はともかく、「会社の忘年会」については「できれば参加したくない」と思っている人も多いようだ。そこでJ-CAST会社ウォッチでは、忘年会に対する本音を探ろうとブロガーに聞いてみた。

忘年会必要派「44%」不要派を上回る

忘年会必要派44%に対して、不要派は31%だった(livedoor Blogに投稿されたブログを独自に集計)
忘年会必要派44%に対して、不要派は31%だった(livedoor Blogに投稿されたブログを独自に集計)

   日本最大級のブログ会員数を誇るlivedoor Blog。このピックアップテーマのコーナーで「会社の忘年会ってあったほうがいいですか?」というお題をブロガーに投げてみたところ、296件の投稿が寄せられた(2008年12月24日17時現在)。

   J-CAST会社ウォッチ編集部では、投稿された内容にしたがって、各ブロガーの意見を「必要派」「不要派」「中間派」「その他」に色分けしてみた。その結果は、次のとおり。

必要派:130人(44%)
不要派:92人(31%)
中間派:33人(11%)
その他:41人(14%)

   「必要派」というのは、忘年会について「絶対やるべき」「あったほうがいい」「あってもいい」といった肯定的な意見を述べているブロガーの数。130人と全体の44%を占めた。一方、「不要派」は「忘年会はないほうがいい」「なくてもいい」「参加したくない」という否定的な意見の数で92人。肯定派よりも13ポイント少ない31%だった。ちなみに、「中間派」とは「会社による」「メンバーによる」「どちらでもいい」といった意見の数字だ。

   会社ウォッチでは12月中旬にも、読者を対象に「会社の忘年会に参加したいですか?」という簡易アンケートを実施している。そのときは「忘年会に参加したくない」という回答が過半数を占めたが、ブロガーの反応は逆の結果となったかたちだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中