2019年 11月 23日 (土)

不況のいまこそ「個人事業」を始める大チャンス

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2008年10月から10回にわたって連載してきたコラム「サラリーマンに向かないヤツ」も今回が最終回となる。最後はこれまでと趣向を変えて、J-CAST会社ウォッチ編集部のインタビューに答えるかたちで、私、塚田祐子からのメッセージをお伝えしたい。

>>サラリーマンに向かないヤツ・記事一覧

昔よりもはるかに「独立」しやすくなっている

編集部   まず、10回の連載を振り返ってみての感想を聞かせてください。

塚田   これまでAll Aboutや著書の『<独立成功>完全マニュアル』などで「フリーランスとして生きていく方法」や「1人ビジネス」についてお話させていただいていますが、そこでの読者は、すでに独立している人や、独立を決めた方です。今回の会社ウォッチの連載は、読者対象が会社で働いているサラリーマンやOLの皆さんだとうかがって、何を、どのようにお伝えしたらいいか、考えてしまうことが多かったですね。それでも、回を追うにしたがって反響が出てきたり、独立された方から暖かいメールをいただいたりして、書かせていただいてよかったと思っています。

編集部   このコラムでは、「自分はサラリーマンに向かないんじゃないか」と悩んでいる人に向けて、本当にそうなのかどうか考えるヒントを与えるとともに、独立するために何を準備したらいいのかを伝えてきましたが、独立をめぐる環境は昔と今で違うのでしょうか?

塚田   私が独立したのは20年以上も前のことになります。昔は、一度入った会社で定年まで勤め上げるのが当たり前で、転職したり、独立する人は褒められた存在ではなかったです。そのころに比べたら、今ははるかに独立しやすいと思います。特にIT化が進んだ1990年代の後半から、環境が大きく変わってきました。当時、「IT革命による恩恵は、個人が生産手段を取り戻したことだ」といわれて、その言葉に感動したのを覚えています。今は、個人でもパソコンやインターネットを活用すれば、ローコストで色々なことができます。独立して仕事ができる環境が、比較にならないぐらい整っていると思います。

塚田祐子(つかだ・ゆうこ)
Creative Work Station代表。サラリーマンに向かず、26歳で「OLやめます!宣言」をする。その後、教育業界を経て、31歳で独立。20年を超える自営経験を通して学び取ったノウハウを体系化し、現在、All About[フリーランス]のガイドとして、フリーや個人で独立・起業を目指す人たちへ、熱い応援エールをおくっている。著書に「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする〈独立成功〉完全マニュアル」「フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」塚田 祐子

おすすめ平均
stars起業
stars読んでおきゃ、よかった!
starsガツン!と愛情のつまった1冊
stars独立したい人やしたばかりの人に必ず読んで欲しい本です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中