2019年 7月 18日 (木)

「バレンタインデー禁止のお知らせ」どう伝えたらよいか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2月14日はバレンタインデー。起源は古代ローマにさかのぼるとも言われますが、女性から男性にチョコレートを贈るのは日本独特の慣習。この機会に好意や感謝の気持ちを示す人もいますが、ほとんどは「職場内の贈答慣習」と言っていいでしょう。

十数人の部下はすべて女性「チョコが食べきれない!」

誰にどのチョコを買うかは悩みどころ
誰にどのチョコを買うかは悩みどころ

   Q&Aサイトの「教えて!goo」を見ると、そんな慣習を見直す職場もあるようです。lisalisa2005さんは30代の管理職。職場唯一の男性で、女性ばかり十数人の部下がいます。毎年義理チョコをもらうのですが、とても食べきれないし処分に困っています。

   そこで、女性がかけるお金や手間のことも考えて、「義理チョコ禁止」を呼びかけることに決めました。しかし、これをどう知らせるかが大問題。別の管理職が禁止を部下にメールしたところ、「誰もあげるとは言ってないのに!」と非難を浴びてしまったのだそうです。

   この相談には、全員のいる前で明るく「バレンタインのチョコはいらないからね~」と直接話すのがいちばん、という女性からの意見がありました。

「こういう伝達にメールを使うとおかしな誤解を産みがちです。普段からいろいろな伝達をメールでしていたとしても、こういう類の話はあえて直接の方が良さそうに思えます。自分の理由は一切なしで」(sora98さん)

   ただし、それでも贈ってくれる人に対して「いらないって言ったよね!」と突き返す反応は禁物です。

「せっかく気を使ってくれているのに、それを断るのは大人気ないです。『ありがとう。でも来年からはいらないからネ☆』と優しく言って受け取りましょう」(coco2006さん)
職場でバレンタインチョコのやりとり、ありますか?
ない(禁止されている)
ない(禁止されていない)
ある(あってもよい)
ある(なくなればいいのに)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中