「ファントム・リング現象」って知ってる?

印刷

   先日、深夜まで取材をするハメになりました。

   翌日は7時の新幹線で出張予定になっており、仮眠を取るため寝床へ行こうとしたその時、ケータイが鳴りました。

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

忘れてきたケータイが鳴った気が

確認してみると着信がない
確認してみると着信がない

   ふとんにもぐり込みつつ、情報交換をし、そのまま枕元にケータイを置いて寝てしまったのです。

   ケータイを置き忘れて外出したことに気づいたのは、新幹線の改札口を通る寸前。

   仕事場を出るとき、何か足りないな、と一瞬思ったのですが、案の定でした。

   しかたなく出張に出かけたのですが、妙なことが起きたのです。

   考え事をしながら歩いていると、ケータイのバイブが鳴動したような気がするのです。

   あれ、と思って鞄の中をあらためると、やはりケータイはありません。

   「いやいや、今日は忘れたのだから」と思って席に座っていると、今度はお尻のポケットでケータイが鳴ったような気がします。

   結局、東京の仕事場に帰ってくるまで、あるはずのないケータイが鳴っているような気に、何度もなったのでした。

「それって、ファントム・リング現象って言うんだよね。ネットでも一時期、話題になってたじゃん」

   そう教えてくれたのは、知人の若い女性です。

原因はストレス?

   恥ずかしながら、ぜんぜん知りませんでした。

「ケータイが鳴ってる、と思って取り出すと鳴ってないなんてこと、私も何度もあったよ。原因はよくわかってないらしいんだけど、ストレスなんじゃない?」

   ほかの友人や知人に訊ねてみると、確かに多くの人がファントム・リング現象を経験していました。

   暇なときほど経験する人もいれば、極端に忙しいときに必ず体験する人もいて、原因を探るのは容易ではありません。

「深夜までバタバタして、ケータイを忘れて仕事に行くってのが強いストレスになって、幻聴のような感じになったんじゃない?」

   じゃあ、暇なときに経験する人は?

「暇だってこと自体がストレスになってる、とか」

   と、こんな感じで、いろいろなことを言う人がいました。

   いずれにせよ、ストレスを感じやすい世の中にいるということと、ケータイにものすごく縛られて生活しているということ、この2つは確かなようですね。

井上トシユキ


>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

「ファントム・リング現象」経験したことある?
よくある
たまにある
ない
正体不明の声―幻覚妄想体験の治療ガイド
正体不明の声―幻覚妄想体験の治療ガイド
  • 発売元: アルタ出版
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2002/05
  • おすすめ度 4.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中