2019年 11月 20日 (水)

怒りっぽい人が「心筋梗塞」で倒れるのにはワケがある

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   強いストレスや継続的なストレスは、心の病の原因となることがありますが、そればかりでなく「身体の病」を引き起こすことがあります。ストレスにさらされるビジネスパーソンは、それによって生じやすい身体的反応やメカニズムについて、十分理解しておくことが必要です。

>>ビジネスパーソンのストレス対処術・記事一覧

ホルモンの過剰分泌が悪さをする

緊張状態が続くと風邪を引きやすくなる
緊張状態が続くと風邪を引きやすくなる

   大切な会議でプレゼンテーションをしたり、上司から強く叱られたりしたときには、動悸が激しくなったり、普段以上に汗をかいたりすることが自覚できます。これは、身体がストレスに反応しているあらわれです。

   このときに身体の中で起こっていることを覗いてみると、さまざまなホルモンが動悸や発汗に作用していることがわかります。

   たとえば、会議をうまく乗り切ろうと考えるときには、気持ちを奮い立たせて臨みますが、このようなとき身体は、「カテコールアミン」というホルモンを分泌して交感神経を優位にし、戦闘態勢をつくります。

   このホルモンによって、心臓の動きを活発にしたり、血管を収縮させて身体の必要な部位に血液をたくさん送ったりすることができます。

   また、人間が活動を行うためには、血糖値を上昇させてエネルギーをいつでも活用できるようにすることが必要ですが、この状態を維持するためには「副腎皮質ホルモン」の分泌が欠かせません。

   しかし、これらの作用が働きすぎると、高血圧になったり、心筋梗塞のリスクが高まったりします。

   ケガをしたときに出血が自然と止まるのは、血小板の働きによるものですが、カテコールアミンには血小板の働きを促進する作用があるため、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなるのです。

   また、緊張状態が続いて副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され、血糖が上昇した状態が続くと、糖尿病のリスクが高まることになります。また、白血球やリンパ球などによる免疫機能を低下させる作用もあるため、風邪などに感染しやすくなります。

筑波大学大学院・松崎一葉研究室
高度知的産業に従事する労働者のメンタルヘルスに関する研究を行い、その成果を広く社会還元することを目指している。正式名称は筑波大学大学院人間総合科学研究科 産業精神医学・宇宙医学グループ。グループ長は松崎一葉教授(写真)。患者さんを治療する臨床医学的な視点だけではなく、未然に予防する方策を社会に提案し続けている。特種な過酷条件下で働く宇宙飛行士の精神心理面での支援も行っている。松崎教授の近著に『会社で心を病むということ』(東洋経済新報社)、『もし部下がうつになったら』(ディスカバー携書)。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
OSK ごま健康麦茶 12.5g×40包
OSK ごま健康麦茶 12.5g×40包
  • 発売元: 小谷穀粉
  • 価格: ¥ 580 (12% OFF)
  • おすすめ度 5.0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中