2019年 11月 13日 (水)

ソーシャルゲームで集客、押しつけ感なく販促する「MUJI LIFE」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いま、勢いがある業界といえば、グリーやモバゲーといった「ソーシャルゲーム業界」がそのひとつにあげられるだろう。市場規模は数千億円と言われ、各社は高給を掲げて人材の獲得競争に躍起である。

   そんなソーシャルゲームを、企業のマーケティングに使っている例がある。無印良品の「MUJI LIFE」は、ウェブとスマホアプリでファンの心をつかみ、ブランドロイヤリティを高める取り組みを行っている。

商品の陳列棚で「自分らしさ」を表現する

「自分らしさ」を表現するゲーム「MUJI LIFE」
「自分らしさ」を表現するゲーム「MUJI LIFE」

   ソーシャルゲーム「MUJI LIFE」は、サイト上の棚に「無印良品」のお気に入り商品を並べる遊びだ。フェイスブックやツイッターなどSNSのアカウントで登録すると、1日6回、アプリ上に「段ボール箱」が届く。

   箱を開け、無印良品アイテムを模したデジタルフィギュアが当たると、利用者はそれを「自分の棚」に好きなようにレイアウトできる。ただそれだけのことなのだが、これが意外にはまるのだ。

   棚の陳列状態は、SNSでつながる友人たちとシェアできる。そこには、その人がどんな商品が好きで、どんなレイアウトのセンスがあるのかが表れる。勝ち負けではなく、「自分らしさ」を表現するゲームと言っていいだろう。

   段ボール箱には、通販サイト・アマゾンの商品を並べられるチケットが入っていることもあり、チケットを使って本や音楽、映画なども陳列できる。「こんな部屋があればいいな」「こんなお店だったら通いたい」という理想が、バーチャルで実現できる。

   もちろん、ユーザーが遊べるだけでなく、店側にもメリットはある。棚に並べるアイテムを取捨選択する際に、利用者は自然と「品定め」することになるので、押し付け感のないプロモーションが可能になる。

   また、ユーザー同士で棚をシェアする輪が広がれば、お互いに商品をレコメンド(おすすめ)しあうことになるので、これも販促につながるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中