2020年 1月 19日 (日)

スマホで実現した「ドラえもんの世界」 年を取るのも悪くない

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   先日、友人Aから「何か面白いアプリない?」と訊かれました。Aは収集癖があり、家計簿アプリだけでも8種類をダウンロードしています。単なる収集癖があるだけなので、それぞれ試してみただけで、実際に生活が改善したとかいうことは一切ありません。

   以前に訊かれた時は、とりあえず「Rio電卓」と「みひろ電卓」を教えておきました。Aは営業マンであり、見積書や企画書を書くことがしょっちゅうあることから、しばらくは面白がっていました。

   しかし、職場や喫茶店など公の場では実用性がないことがわかり、また要は広告用の媒体であるということも理解したため、すでに飽きてしまったようです。

撮った写真の一部を消去できる「スカラド」

「画像のアプリなんだけど、Scalado(スカラド)って面白いんじゃない?」

   2月にデモ動画がYouTubeにアップされ、一部で評判となったカメラアプリ「Scalado」。いまは2つの機能があるようです。

   撮った画像をその場で、しかも対象をタップするだけでレタッチできます。観光地で記念写真を撮ろうとして、シャッターを切った瞬間、被写体の前を赤の他人が横切ったという時。「ScaladoRemove」を使っていれば、その赤の他人をタップするだけで画面上から消去し、被写体を完全な状態で再現することができます。

   また、「ScaladoRewind」は、集合写真を撮った場合、いくつかの同じ位置からの画像のなかから、もっとも良い表情の顔だけを選んで、1枚の画像に合成することができてしまいます。

「おおっ! これは面白い!」

   さっそくアンドロイドのスマートフォンでデモ画面にアクセスしたAは、ムダに興奮してはしゃいでいました。

「でもさ、これ、いつ使うの? オレもオマエも50歳近いのに彼女いないしさ、家庭もないじゃん。旅行や飲み会なんかでも、面倒くさがって自分から写真を撮るタイプじゃないし、仕事で撮るわけでもないし」

   そういわれれば、それはそうです。

   面白いと他人に言いながら、自分ではあまり興味がないのも、要は使い様がありそうで多分ないからです。小さな子どもがいる家庭なんかだと、自分たちも撮ってて楽しいし、お爺ちゃん、お婆ちゃんに送ってあげるという用途、目的もあるでしょう。

   われわれは、そのようなこととはまったく無縁な生活っぷりです。

「うーん、Aさ、ネコ好きじゃん。近所の公園でネコの写真を同じアングルで撮ってさ、ベストなネコ画像をつくればいいんだよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中