2023年 1月 31日 (火)

フリーランスは名刺に「Gmailのアドレス」を刷らない方がいい?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

名刺に自宅住所は不要? メアドあれば仕事は済むか

   通常のインターネットプロバイダのメールアドレスでも、簡単に作ったり解除したりすることが可能なので、ほとんど変わらないという人も。一方で、やはり使い捨てできるGmailはビジネスの場にふさわしくないという意見も根強い。

「日本だと通常仕事でGmailのアドレスはNG。場合によってはブロックされたりもあるし」
「会社的に見るとフリーメールのアドレスの会社とはどうしても基本的に取引は遠慮します」

   議論の中で、Gmailの利便性を活かしつつ、別ドメインを使う方法があると指摘する人がいた。Google Apps(グーグル アプス)というサービスを利用すると、独自ドメインでGmailなどのサービスが使えるという。1アカウントあたりの費用は、年間6000円。維持費ゼロでやってきたフリーランスから見ると、「やっぱり高いな」と思う人もいれば、「これで信頼が得られるなら安いものだ」という人もいるだろう。

   このほか、大元氏は「フリーランスの場合、(名刺に)住所を書く人と書かない人もいるようだ」として意見を求めている。確かに事務所がなく住所が自宅の場合、明かしたくない人もいるだろう。

   仕事にはメールアドレスと携帯電話番号で十分とも考えられるが、これに対しても「固定電話じゃないとダメ」「住所氏名も出せないような奴はフリーランスで仕事するなってほんと思う。その程度のリスクも取れないならおとなしく企業に飼われろ」という声もあり、意見が分かれそうだ。

名刺に「Gmailのアドレス」、あり?なし?
あり
なし
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中