2020年 11月 27日 (金)

「ヘッドハンティングされたので給料上げて」 エースの申し出に会社困惑

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   景気が良くなると自己都合退職が増え、悪くなると減る――。中堅以下の企業ではそんな実感を持っている人も多いのではないか。アベノミクスへの期待から、一部の業界や職種では人材の流動性が高まりつつあるという話もある。

   ある会社では、30代の働き盛りの社員が人材紹介会社から声を掛けられたという。「もっと高い給料をもらえるはず」と考えたその社員は上司に昇給を頼んだが、会社側は他の社員とのバランスも考えてどうすべきか頭を悩ませている。

人材紹介会社「今より200万円上がる会社ある」

――システム開発会社の人事です。先日、開発部長から「部下のA君から『次回の契約更改で給料を上げて欲しい』と申し出があった」と連絡がありました。

   A君は30代前半のプログラマーで、当社のエース級の活躍をしています。ある日、A君のところに人材紹介会社のヘッドハンターからメールが来たのだそうです。

   最初は怪しいと思って対応していなかったものの、何度も連絡が来るので根負けして会ったところ、「あなたのスキルや経験なら、今より200万円は上がる会社がたくさんある」と言われたのだとか。

   その場では「今の会社には愛着もあるし、この仕事の進め方に慣れているから」と固辞したA君でしたが、200万円上乗せの提示には「正直、心が揺らいだ」のだそうです。

   そこで、引き続き会社に残る前提で「200万円の上乗せをしてくれないか」という申し出があったというわけです。しかし当社でその水準の金額を支払えるのは、部長クラスです。

   かといって若くて経験不足のA君にいきなりマネジメントを任せることは会社として決断できませんし、A君自身も望んではいないことでしょう。

   開発部長は「ここで辞められると仕事に差し支えるから、特別賞与を出すとかで調整できないものかね」と引き止めたい気持ち満々ですが、特別な実績を上げていないのに賞与は出せません。何かいい方法はないでしょうか――

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中