2020年 11月 27日 (金)

新卒でいきなり好きなことをやって何が悪い? 自分の道は自分で選ぶしかない

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   先日、新卒でいきなりベトナムに来て働いているという社会人2年目の若者に出会いました。彼の話は、日本で普通に信じられている就職活動や就職といった話の常識を打ち砕く面白さだったので、すこし紹介してみようと思います。

   佐々木さん(仮名)は、実は日本の名の知れた会社に内定が決まっていました。入社まであと2週間になろうかという3月のある日、本当にそこに入っていいのか悩んでいたことが、ついに限界値を超えて爆発します。

スカイプで面接。大企業を辞退してベトナムで就職

「今はいいが将来後悔する」「安定のほうが大事なことにいずれ気づく」という人もいるが
「今はいいが将来後悔する」「安定のほうが大事なことにいずれ気づく」という人もいるが

   というのも、その会社では新人に期限の決まってない下積み期間があるのです。もしかしたら地方の支店で、いつ終わるか分からない現場の仕事をしなくてはいけない。彼は海外での勤務を希望していましたが、実際にそこに行ける保証は何もありません。

   佐々木さんは入社の2週間前、ついに行動を起こします。なんとベトナムのある会社に連絡してみたのです。彼は昔から旅行が好きで、将来やってみたかったことは「海外で旅行の仕事をする」でした。

   しかし就職活動では、旅行業界からは内定はもらえませんでした。その思いが急に沸いてきて、過去に自分が使ったことのあるベトナムの旅行代理店に連絡してみました。そこで日本人の若い人が働いていた記憶があったからです。

「新卒の学生ですが、求人はありませんか?」

   なんと答えは「ある」でした。入社予定日の4月1日まで1週間に迫ったころ、その旅行代理店の面接をうけました。社長はベトナムにいるので、スカイプで面接です。そして、翌日には内定が出ました。

   佐々木さんは入社予定だった大企業に辞退の連絡をして、1週間のうちに引越しを準備して、4月1日にはベトナムで働いていたのです。最後の2週間ですべて変わってしまった。何とも劇的な話です。

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中