2020年 9月 21日 (月)

「もうしません」で許されるのか? 読プレ「景品発送数の水増し」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   何年間にもわたって雑誌プレゼントの当選者数を水増ししていたとして、『週刊少年チャンピオン』などを発行する秋田書店が、消費者庁から景品表示法に基づく措置命令を受けた。

   処分の内容は、意外なほど軽い。「水増ししていた事実を一般消費者に周知徹底すること」と「不正の再発防止策を講じて、役職員に周知徹底すること」「今後同様の不正を行わないこと」の3つだけだ。

「ハズレばかりのくじ引き」は逮捕されたのに

   消費者庁が公表した秋田書店の不正は、622件にものぼる。誌上に掲載された当選者数が2名から5名であるのに対して、実際の当選者は1名がほとんど。「全国百貨店共通商品券1万円分」や「ニンテンドー DS Lite」などの高額商品はほとんどが0だ。

   しかも架空の当選者名をでっちあげるなど、不正の手口は担当者間で引き継がれていた。不正の事実を知って「おかしい」と上司に訴えた担当者は、上司から「会社にいたかったら文句を言わずに黙って仕事をしろ」とたしなめられたという報道もある。

   秋田書店に同情的に考える人は、こう言うかもしれない。元々は強い悪意を持って始められたわけではないだろうし、多かれ少なかれ似たようなことは他の出版社でも起きていて、読者もうすうす分かっているのではないかと。

   J-CASTニュースの取材でも、ある出版社の男性が「他の業務に追われてプレゼントの発送まで手が回らず、結局発送せずに終わってしまったケースが数回あった」と答えている。最初は「他の仕事が忙しくて」「つい面倒になって」というのがきっかけで、手抜きの方法が慣例として定着してしまった可能性も低くない。

   また、「読者から何かをだまし取ったわけではない」という言い訳も考えられる。読者に直接的な損害を与えたのではなく、当たる人数が正しくなかっただけと。

   しかし、似たような件で逮捕された人もいる。先日、露店アルバイトの男性(45)が逮捕されたのは、夏祭りの夜店で「ハズレばかりのくじ引き」を販売していた容疑だ。ゲーム機を当てようと1回300円のくじに1万円以上つぎ込んだ客が不審に思い、警察に通報したとのこと。

   露天商は1日10万円くらい詐取していたようだが、構図としては秋田書店も同じようなものだ。読者プレゼントをエサに何万人もの読者に雑誌を買わせてきたことを考えると、もっと厳しい制裁を受けるべきではないか。

甘粕潔(あまかす・きよし)
1965年生まれ。公認不正検査士(CFE)。地方銀行、リスク管理支援会社勤務を経て現職。企業倫理・不祥事防止に関する研修講師、コンプライアンス態勢強化支援等に従事。企業の社外監査役、コンプライアンス委員、大学院講師等も歴任。『よくわかる金融機関の不祥事件対策』(共著)、『企業不正対策ハンドブック-防止と発見』(共訳)ほか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中