「TOEIC900点ないと門前払い」 そんな時代が来る前にチャンスを活かす

印刷

   3回にわたってお送りしていた英語力シリーズですが今回でおわり、と同時に今年の連載も最後になります。

   今回は、海外駐在に求められる英語力と、チャンスについて考えてみたいと思います。

   海外駐在員に求める英語力はどのくらいだと思いますか?

   もちろん企業によって違うのですが、その数字が余りに低いのでびっくりしました。

「最低限のコミュニケーション」レベルで海外赴任OK

「日常会話や業務を英語でこなせる」レベルが当然に?
「日常会話や業務を英語でこなせる」レベルが当然に?

   例えば、英語をつかって世界で活躍するといえば、誰もが真っ先に思いつくのが、商社のイメージでしょう。しかも、総合商社となれば、英語でバリバリ仕事をしているイメージがあるとおもいます。

   住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、伊藤忠商事

   これらの商社が海外赴任の条件としてあげているTOEICの点数はどのくらいでしょうか?

   900点?950点?

   いえ・・・730点です。(伊藤忠商事は700点としています)

   正直、ハードルが低いと感じました。正直、730点というと、ほんとにそこそこの英語力です(必ずしも最新の数字ではないかもしれませんが)。

   本来、「日常会話や業務を英語でこなせる」レベルはTOEIC900点とされています。

   しかし、総合商社ですら求められるレベルが700点程度。TOEIC700点というのは、「仕事や海外で最低限のコミュニケーションがとれる」レベル。

   さらに、キヤノンなどでは、さらに条件がさがり、600点。「海外旅行で買い物ができ、食べたいものをオーダーできる」レベルです。

   もちろん、これには言い訳があります。すべての駐在員が英米に駐在しているわけでもなく、メーカーなどでは中国などアジアの比率が高いこともあります。また、これは社内基準としてのものですから、実際に赴任する人はもうすこし英語力があるのが実際でしょう。

   しかし、それを差し引いた基準としても、かなり低いものが設定されているという印象です。

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中