2020年 7月 16日 (木)

どう見る「ゴーン氏報酬」9億9500万円 「国内歴代3位」に疑問?「世界では高くない」に納得?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日産自動車の株主総会で、カルロス・ゴーン社長の役員報酬が9億9500万円(2014年3月期)と、13年3月期より700万円増えたと明らかにされた。国内で「歴代3位」(1億円以上の役員報酬開示が義務付けられた10年3月期以降)の数字だ。

   ゴーン氏の報酬額が「国内的に見て高すぎる」のか、「世界的にみて高くない」のかは、以前から議論の的になっていたが、今回の株主総会で株主から「高い」との声が出たと報じられたこともあり、あらためて注目を集めている。

「株主総会で『高すぎる』」と報道も

   総会が開かれたのは2014年6月24日。その模様は、「報酬年9億9500万円 株主総会で『高すぎる』 ゴーン氏『日本が低い』」(朝日新聞)などと報じられている。

   「高すぎる」論は、どんな数字を念頭に置いているのか。先の「歴代3位」のほか、

・トヨタ自動車の豊田章男社長は2億3000万円
・ホンダの伊東孝紳社長は1億5000万円

などがありそうだ。

   「自動車大手、軒並み好決算 日産が『一人負け』」(2013年11月6日、日経新聞電子版)といった情勢だけに、「なぜ、日産の社長が?」という思いもあるのだろう。

   またゴーン氏がCEOとして兼務している、仏ルノーの2013年役員報酬、約3億6200万円(ロイター日本語版、14年6月24日)との比較を気にする向きもあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中