2020年 9月 18日 (金)

残業が悪である本当の理由 「ブラック企業は生き残れない」パート2

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   前回コラム(「『ブラック企業はもはや生き残れない』理由」9月23日配信)に引き続き、テーマは「企業における男性の育児参加推進の必要性」。いずれも、「労働大学校」に招聘を頂き、先日研修した内容を中心にまとめたものだ。

   先に示した大きな柱の4項目のうち、前回は「1:『ワーク・ライフ・バランス』への根強い誤解をとく」を取り上げた。今回は、「2:男性の育児参加を推進することのメリット」を掘り下げたい。

根強い「男性の育休取得」への疑問の声

まだまだ終わらないな、残業・・・
まだまだ終わらないな、残業・・・

   「男性の育児参加」に対する、多くの事業主・人事労務担当者の意識はどのようなものか。

「ウチの会社、女性は実際に育休をとれてるし、法律違反もしてないから問題ないはずだ。ここからさらに『男性の育休取得』まで促す必要があるのか?」

といった声がまだまだ根強いのが現状である。

   たしかに気持ちはわかるが、そもそも育休取得は男女ともに法的に認められている権利だ。社員から要望があればとらせなければいけないし、主力として活躍している社員が育休を取得したとしても、業務に何ら影響が及ばないような組織作り、人員配置が組織には求められるのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中