2021年 5月 7日 (金)

「1時間おきに電話」してくる母の支配 娘がとった「脱出法」とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「まともな彼氏」を紹介して納得させる

   過干渉な母親に反抗するかのように、Tさんは、合コンや出会い系サイトで知り合った異性と、派手に遊ぶ日々が続きました。が、本来は真面目な性格です。母親と同じ公務員になるべく勉強し、教員免許も取得しました。

   「ここまでやってるし、母親からの1時間おきの電話にも、一応、出ている。これ以上、不満はないでしょう」という思いだったといいます。公務員試験には落ちてしまいましたが、自宅から通える中高一貫校の非常勤講師として、採用が決まりました。

   「本当は、どこかで母親から離れたいと思っていた」Tさんが、それを行動に移したのは、結婚がきっかけです。大学4年の頃、出会った彼氏は、文具メーカーの営業職。社会人1年目で地方勤務になり、遠距離恋愛が始まりました。「この人なら、お母さんも納得するだろう」と思っていたTさんは、彼を母親に紹介した上で、「転勤についていく」と宣言します。当然、母親は動揺しましたが、Tさんは説得します。

「今まで付き合ってきた、どの彼氏よりも、今の彼が『まとも』でしょ?お母さんも、『この人なら安心だわ』って言ったよね?だったら、『どこに住むか』くらい、彼に合わせたっていいじゃない!いつまでも独身で、親元にいるわけにはいかないんだから!」

   異性との関係を厳しくチェックしていた母親に、「まともな彼氏」を紹介して納得させた上で、結婚して地方に移り住む。Tさんは、「結婚しても働き続ける」と約束し、なんとか母親の支配下から逃れたのです。今では彼の転勤先で、非常勤講師として働くTさん。物理的に離れたことで、母親との関係も少しだけ、冷静に見つめられるようになったそうです。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中