2020年 10月 29日 (木)

「エアラインスクール」で展開される 学生と講師の「空中バトル」とは

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

「まあ、ウソはついていませんよ、努力次第なんだし」

   実況:チャレンジャー、果敢に攻める。

「大丈夫、うちの特別講義なら努力次第で半年に200点上げた受講生もいたから」。

仕掛け人、涙しながらうれしそうに補習クラスの契約書にサインした~。まさかまさかのポイントアップ!

   解説:半年でTOEIC200点アップ・・・。まあ、ウソはついていませんよ、努力次第なんだし。

   実況:ここでタイムアップ。チャレンジャーの転覆エアラインスクールですが、番組史上初、最高点で優勝です。おめでとうございます。

   スクール:ありがとうございます。カモ、もとい、学生をどうつなぎとめるかが大変でした。

   解説:講師集めなども大変そうですね。

   スクール:いえ、そうでもないです。元スッチーなんて掃いて捨てるほどいるし、時給1200円も出せば集まりますよ。

   実況:経費を切り詰めるだけ切り詰めたことが勝因のようです。それでは皆さん、また来週。

――今回の「実況中継」は以上です。繰り返しますが、内容等は架空のものです(たぶん)。来週はエアラインスクールの選び方、エアライン就活の現状などをまとめます。題して「エアラインスクールの適性価格はいくらなのか?」。ご期待ください。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中