2020年 7月 16日 (木)

これってウチの妻は自堕落ですか? 家事をめぐる「すれ違い」

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   「配偶者控除」の見直しが議論されている中、103万円以内に抑えていた妻の所得を増やす準備をしている共働き家庭もあるのではないだろうか。

   夫婦共に忙しくなれば生じるのが「家事の分担問題」だ。互いにできる時に協力し合うというのが理想だが、そう簡単に上手くいくものでもない。ネット上には、男女共にお悩みの声があふれている。

働く女性「家事できていない」が4割

   フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド(東京・港区)は2014年11月7日、30~40代の既婚女性1038人を対象とした家事についてのアンケート調査結果を発表した。

   「今の家事は十分にできていますか」という質問に対し、「十分にできている」と回答した人は6.4%、「だいたいできている」が54.7%、「あまりできていない」が34.7%、「全然できていない」が4.2%だった。

   仕事をしている女性としていない女性に分けると、していない女性では「あまりできていない」と「全然できていない」が計27.9%だったのに対し、している女性は計42.1%と、働く既婚女性の方が自分の思うように家事ができていないという現状が改めて浮き彫りになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中