2019年 11月 16日 (土)

結婚式で看護師E子が泣き出した理由

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   今回取り上げるのは、看護師のE子さん(26歳)です。幼い頃からの夢を叶え、国家試験にも一発合格。今は、地方の総合病院で、夜勤もこなして頑張っています。そんな彼女が、昨年結婚した際、看護師長さんからのスピーチで『号泣』してしまったエピソードを紹介します。

白血病の患者さんと向き合う日々

結婚式で・・・
結婚式で・・・

   看護師の仕事は、働く場所によって大きく、「病棟勤務」か「外来勤務」に分けられます。「病棟勤務」の場合は、入院患者さんのお世話をするのが主な仕事。当然、夜勤もあります。一方、「外来勤務」は、様々な症状を抱えた外来の患者さんを看るのが仕事です。お給料は「病棟勤務」の方が、夜勤があるぶん、高くなるケースが多いようです。

   E子さんによると、「私の通っていた看護学校では、卒業後、ほとんどの学生が『病棟勤務』を選ぶ」そうです。理由は、「外来だと、お給料が少ないから」(E子さん)。病棟勤務の場合、月に8日以上の夜勤がありますが、「若いうちは何とかなる」との思いもあったそうです。

   彼女の希望は「消化器内科」でしたが、配属されたのは「血液内科」でした。白血病の患者さんも入院しているところです。長期入院の方も多く、日常的に「死」と向き合う日々。精神的、体力的に辛いことは想像に難くありません。

   そんな彼女が、2年前、「病院で決められたリフレッシュ休暇を取って旅行に行く」と言うので、久しぶりに会いました。「仕事はどう?」と尋ねたものの、E子さんは言葉少なです。「お給料は、それなりにいいけど、大変だから......」と、つぶやくように言っていました。それ以上、何も聞けなかったのを覚えています。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中