2020年 9月 26日 (土)

転職直後にイキナリ妊娠 「ふざけるな!」か「おめでとう!」か

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   働く女性の増加に伴い、転職する女性も年々増えている。厚生労働省が発表した2013年の「雇用動向調査」によると、13年1年間の女性の転職入職率は12.3%で、ここ5年で最高の割合となった。

   既婚女性が仕事と家庭を両立しやすいように、よりよい職場環境を求めて転職するケースもあるのだろうが、家族計画に悩む声も聞こえてくる。

新会社に入社するまでの期間に不妊治療

転職と家族計画は慎重に
転職と家族計画は慎重に

   14年11月5日、Q&Aサイト「発言小町」に「転職と妊娠を同時に 非常識でしょうか?」というトピックが立てられた。

   相談者は結婚3年目のアラサー女性で、会社の組織再編とグループの海外移転に伴って退職、すでに転職活動を行い1社から正社員で内定をもらっているという。

   夫婦の間では、夫側の理由で高度不妊治療をしないと妊娠の可能性がかなり低く、体外受精を勧められているという。夫の症状が進行する可能性もあり、できるだけ早く子供が欲しいという事情がある。そこで、今の会社を退職してから新しい会社に入社するまでの1か月半の間に治療をしたいと考えているそうだ。

   もし妊娠しても出産までは仕事に支障のないようにし、産後8週間の産休明けにすぐ復帰。子供は転職先に完備されている保育園に入園させ、近くに住んでいる両親に面倒を見てもらうつもりという。その上で「転職前に不妊治療を始めるのは無謀でしょうか」と相談している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中