転職で「石の上にも3年」なんて、気にする必要なし

印刷

   先日、一緒に机を並べて仕事をしている友人の社労士のところで、短期間アルバイト中の女性を見て感心したことがあります。仕事ができそうな人だったので

「あの人、仕事できそうですね。何歳ですか?」
石の上にも・・・
石の上にも・・・

と聞いたら、26歳で、今の会社は辞めて転職するということでした。

   転職の理由は

今の会社の環境が楽過ぎるから

ということでした。社労士の勉強もし始めていて、次の転職先は人事のコンサルティング会社のようです。今の仕事と全く関係ないので、恐らく転職後はけっこう大変かと思いますが、それを望んで行くのですから大したものです。

多くの人は大企業に入るのがゴールになっている

   まだ、大学生の就職活動では

大手企業に行きたい
安定した会社に行きたい

といった大企業信奉があるようです。これは永遠になくならないと思います。

   学校もまだ、中小企業より大企業を勧めているでしょうし、学生自体もそもそも会社のことも仕事のこともよく分からないのだから、そう思うのは当然なわけです。

   最近では学校で、「ブラック企業に入らないためには」といったことまで学生に教えるようです。

   だから、多くの人は大企業に入るのがゴールになっているわけで、「入ってみたら楽過ぎるので、このままでは自分がダメになるから転職しよう」と思う人はほんの一握りだと思います。

   転職等を考える時によく出るのが、勤続何年か?ということです。

   あまり短いとマイナスと捉えられてしまうことがあるからです。

   1つの指標として3年というのがありますが、これは「石の上にも3年」ということが強く影響しているのではないでしょうか。

   石の上にも3年といいますが、私はこの考え方にこだわらなくていいと思っています。

   若いうちであればいろいろな会社を見てみるのも良いのではないでしょうか。

   1社に10年いて頑張るというのは素晴らしいことですし、それができるならそうした方が良いと思います。

   働いてみて、「これがやりたい」というのが見えてきたら今の会社でできるのかを考えて、できないのであれば勤続年数が短かったとしても転職を考えても良いと思います。

   これがやりたいという仕事が見つかるなんてなかなかありませんし、最高だと思います。

   1日のうち通勤時間を含めると50%近くは会社で働くことに時間を使っていることになります。その半分の時間をやりたいことで過ごしている人は、恵まれていると思いませんか?

   40代、50代になっても惰性で何となく働いている人が多いのに、早い段階でそれが見つかったのであればそれは素晴らしいことです。

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中