2019年 12月 16日 (月)

北川景子だけじゃない? 「女子とタバコ」のイメージ問題

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   先日、女優の北川景子さんの所属事務所が、ブログで「北川に喫煙の事実はありません」とコメントを発表した。週刊誌による「愛煙家」報道を意識しての対応とみられ、「清純派のイメージを守ろうとしたのか?」「わざわざ否定する必要があるのか?」と話題になった。

   「女性と喫煙」をめぐっては、女優に限らず、オフィスでも悩ましい問題があるようで、ネット上でも相談が寄せられている。

成人女性の喫煙率は9.8%

タバコ?吸ってますが、何か?
タバコ?吸ってますが、何か?

   日本たばこ産業(JT、本社・東京)が公表した2014年のデータでは、成人女性の喫煙率は9.8%。10人に1人しかタバコを吸っていない。男性の喫煙率(30.3%)と比べても3分の1で、「喫煙女子」は少数派だ。タバコを吸う女性は、職場で「目立つ存在」といえるだろう。

   そんな喫煙女子たちへの印象について、マイナビニュースが、男性に尋ねたところ、「非常に印象が悪い(50.3%)」、「少し印象が悪い(30.0%)」を合わせて、8割以上が、タバコを吸う女性に対して、悪いイメージを抱いていた(2014年4月30日発表)。やはり、「喫煙女子」の肩身は狭そうだ。もっとも、同調査では、女性に対しても「タバコを吸う男性のイメージ」を尋ねており、「非常に印象が悪い(39.3%)」「少し印象が悪い(40%)」と、こちらも8割近くが悪い印象を抱いている。

   それでも「風当たり」は男女で異なるのか、オフィスで「いかに喫煙者であることを隠すか」悩む女性もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中