2020年 2月 21日 (金)

就活で「勝てる」オタクと「勝てない」オタク

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2016年卒マイナビライフスタイル調査によると、36.4%が自身をオタクと考えているそうです(2015年2月3日公表)。

   鉄道、アイドル、漫画など、世には様々なオタク趣味があります。では、就活でオタクは損か得か。それが今回のテーマです。

「盛る」に手を出しても、面接者側は理解不能

鉄道オタクですが、何か?
鉄道オタクですが、何か?

   就活マニュアル本を開くと、大体はすごい学生の話ばかりです。スポーツ大会で優勝した、とか、アルバイトの販売コンテストで上位に入った、とか。

   そんなもの、普通の学生にはありません。そこで、「盛る」という方向に走ってしまうことは以前にご紹介しました。

   この、「盛る」にオタク学生が手を出すとどうなるでしょうか。エントリーシートの自己PRを見ていきましょう。

「私は同人誌が趣味で、即売会では毎回500冊を販売する大手サークルを運営しています」

   オタク学生は、自分の趣味(この場合は漫画・同人誌制作)を生かしつつ、いい自己PRが書けた、と思い込んでいます。

   ところが、この自己PR、落ちる可能性が高いです。仮に通っても、面接でボロボロになるはず。

   では、企業側はこうしたオタク趣味の自己PRをどう見るのでしょうか。「理解不能」「趣味への誤解」「本業不熱心・転職リスク」、この3点を先に考えてしまうようです。

   まず、1点目の「理解不能」。先の例だと「即売会で500冊販売」、これが検証不可能である上に、すごい話かどうか、理解できる社会人はそれほど多くありません。仮に同人誌即売会の名前、コミックマーケット(コミケ)、コミティア、コミックシティ、ガタケットなどを出していても同じ。「たくさん売れているんだ、へえ」くらいで終わりです。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中