2019年 10月 16日 (水)

エジソンもびっくり 「自分は天才と思う」人が15%も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「天才とは1%のひらめきと、99%の努力」という言葉がエジソンの名言として知られている。幼い頃に、この言葉を聞いて、「『天才』って、ずば抜けた才能をもった人というより、案外、地道に努力を重ねた『普通の人』なのかもしれない」と、ある意味『希望』を持った人もいるかもしれない。もっとも、エジソンが強調したかった点は、努力よりもひらめきの重要性の方にあったという指摘もあるが・・・

   そんなエジソンもびっくり(?)の調査結果が、このほど明らかになった。仕事の場で、結構な割合のビジネスパーソンが、「私って天才かも」と感じているというのだ。

「仕事はものすごい勢いで進みました。私って天才」

ひらめいた!
ひらめいた!

   マイナビスチューデントが、全国の社会人男女500人に対し、「自分は天才だと思っている?」と聞いたところ、「思っていない」が85.3%と多数を占めたものの、「思っている」も14.7%と、1割を超えていることが分かった(方法はウェブアンケート、2015年3月19日公表)。

   回答者からは、「仕事でうんと集中すると、おのずとクリアな答えが毎度おりてくる(男性46歳)」とか、「人より少ない勉強でも試験に合格する(女性24歳)」、「周りから『変わった発想をする子』だと言われ、今でも『変わった人』だと言われてるから(女性27歳)」など、周囲と比べて、なんらかの「個性」があると感じている人が目立つ。

   ツイッターを見ても、自分を「天才かも!」と感じている人から、

「仕事はものすごい勢いで進みました。私って天才」

とか、

「仕事が上手くいくと『自分天才だわ~~!』って言ってる。テンション上がる!」

といった声が寄せられており、盛り上がっている様子がうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中