若手社員「3人に1人」は叱られたことがない それでも上司は叱るべきか

印刷

   日本生産性本部が「消せるボールペン型」と命名した2015年度の新入社員らが、職場に入ってきた。ネーミングの理由のひとつは、不用意に熱を入れる(熱血指導する)と色(個性)が消えてしまうから、なのだそうだ。そう聞くと、新入社員を叱る際にも勇気がいりそうだが、実際、最近は部下を「叱れない」上司が増えているとの指摘が出ている。

   雑誌やニュースサイトの特集でも、「『叱れない人』は管理職になるな!」とか、「部下を上手に叱るコツ」などの見出しをよく見かける。それだけ、部下を「叱れない」管理職層が増えているのかもしれない。ツイッターなどにも、叱って育てる必要性は感じながらも「叱れない」上司や先輩らの悩みが寄せられている。

「すぐに辞めてしまうから怖い」

叱るべきだったか・・・
叱るべきだったか・・・

   「部下を叱れない上司」らに注目して、著書『叱られる力 聞く力2』(文春新書、2014年6月)をまとめたのは、作家でエッセイストの阿川佐和子さんだ。トレンド情報サイト「ORICON STYLE」が2014年12月に発表した「年間『本』ランキング」の「タレント本」分野で3位に入るなど、注目を集めた。阿川さん流の「叱る覚悟」などを披露している。

   また先日は、「週刊ダイヤモンド」(2015年3月28日号)が「叱れない上司 叱られたい部下」を特集した。上司と部下それぞれ300人ずつ、合計600人にアンケートを実施。その結果、35歳以下の若手社員のうち、34%と3人に1人が、「叱られたことがない」と回答した。一方、「上司が叱り上手」と感じている部下は、わずか4割程度だった。6割近くの上司は、「叱り下手」だと思われていることになる。

   部下や後輩をもつ人にとっては、ちょっとヒヤッとする結果かもしれない。特集では、上司たちに、部下を叱れない「理由」も尋ねている。「人間関係を壊したくない」「職場の雰囲気を悪くしたくない」「すぐに辞めてしまうから怖い」といった声のほか、「自分のせいで辞めたとなると、昇進にも影響してくる」という意見もあったそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中