2019年 5月 23日 (木)

「シリコンバレーに年功給与」巡る大誤解 実は日本型「年功」とは無縁の代物

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』
シリコンバレーに『横並び(年功)給与システム』復活の兆し―男女格差撤廃にも効果

という記事(TechCrunch日本語版、2015年5月26日)が話題になっています。

   「行き過ぎの揺り戻し」「1周回って戻ってきたとか」「欧米かぶれはハシゴをはずされたな」いった反応がソーシャルメディアでは見られていますが、これはまったくの誤読です。

Lockstep型とは

「交渉制の給与」の場合は・・・
「交渉制の給与」の場合は・・・

   年功給与というと、日本型のものを思い浮かべますが、この記事で解説されているものは、Lockstep型といい、まったく異なるものです。むしろ、ごく普通のポジション別の給与だといえましょう。

   この給与体系は、日本でも、外資系のコンサルティングファームや、会計事務所、法律事務所などのいわゆるプロフェッショナルファームが採用し、ほとんどこれです。

   簡単に解説すると、これは、ランクごとに給与が予めきまっているというもの。

   たとえば、コンサルの場合、アナリストはだれでも一律に年600万円スタート、次のランクのシニアは800万円、マネージャーは1200万円、1番ランクの高いパートナーは2000万円とか(それにくわえて、パートナーになると個人インセンティブのボーナスがつく)。

   クラス別に給与がきまっているので、将来の設計はし易い。3年ほど仕事をして、シニアになれば800万だとか、10年ほど頑張ってパートナーになれば2000万だとか、そういう具合です。記事では、このように将来の見通しがつきやすいことを利点としています。

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中