2020年 8月 13日 (木)

「仕事を任せる」の功罪 部下のレベルを見ないと逆効果

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

任せたあとは辛抱が必要

   よく書籍にも、権限移譲の重要性が書かれています。部下を育てるには上司の仕事の一部を任せたり、裁量を持たしたりしていくことが大事だということが述べられています。

   確かにこれは合っているとは思いますが、部下のレベルを見て判断していかないと逆効果になります。

   それに、いったん任せると、あとは辛抱が必要です。

   傍から見て「こうすればもっと上手くいくのに」と思うことも多いと思います。

   そうなると、あれこれいちいち指図してしまう場合もあるかと思いますが、これをやってはいけません。

   人に任せるというのは「レベルの判断」「見守る」「忍耐」といった3つの点が必要になるのではないでしょうか。(野崎大輔)

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中