2019年 10月 20日 (日)

なぜ「悪口を最も言うのは30代」なのか 40代以上になると無自覚になるから?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   他人の悪口を言うと、妙にスッキリする・・・なんて経験のある人は、結構いるのではないか。会社員は、日々、ストレスとの戦いだ。飲み会など、気が緩みがちな場面では、「悪口」が、場の一体感を生むことすらある。

   そんな「悪口」、最も言っているのは「30代」との調査結果が公表され、ちょっとした話題になっている。なぜ30代は、「悪口」を言ってしまうのか?

30代「よく悪口を言う」平均より5%高く

あの人ってホントに・・・
あの人ってホントに・・・

   ニュースサイト「しらべぇ」が、20~60代の男女計1400人を対象にアンケートを実施したところ、「よく人の悪口(陰口)を言う」と答えた割合は、全体の18.3%だった。男性では「よく言う」が18.6%、女性では18%なので、「悪口を言いがちな人」に、性別はあまり関係ないようだ(「最も人の悪口を言う年代は30代であることが判明! 悪口的愚痴からSNS系悪口まで・・・」2015年10月6日)

   ところが、これを年代別にみると、「よく悪口(陰口)を言う」人は、30代が「23.8%」と、他の世代よりも高い。20代は19.3%、40代は19.4%、50代は18%、60代は11%だ。「30代は悪口を言いがち」とも受け取れる結果に、アンケートを行った「しらべぇ」は、「(会社や家庭など)あらゆる30代のストレスが垣間見える」とコメントした。

   ネットでこのニュースが取り上げられると、掲示板などでは、「悪口を言ってしまう30代」に、共感する声が相次いだ。ある人は、「中間管理職はストレス溜まるねん」と漏らし、またある人は、「上と下に挟まれて・・・初老も目の前に迫り来る。悪口くらい(しかストレス解消の場がない)」と、嘆いている。30代、いかにも大変そうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中