2019年 12月 10日 (火)

社員を正当に評価できない 「根が優しい」経営者が陥る罠

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

評価は公平に、が基本

   一介のミュージシャンが企業の立て直しのために何の予備知識もなく社長のイスに座ったからこそ、「これでいいのか」と考えるにつけ気づかされた真理だったのかもしれません。評価は好き嫌いでつけてはいけない。評価も重要な仕事です。会社のためにも心を鬼にして評価は公平に、が基本であることは企業の大小を問わぬ真理ではあるのです。

   拓郎氏の話も含めてO社長に評価というものの正しい考え方をお話すると、「私一人では変えていく自信がないので、部長を集めて一緒にそのあたりの話をじっくり一度してもらい、幹部社員全員で共有したい」との返答をいただきました。私としても、なんとか組織として公平な評価を実現し、せっかく導入した評価制度をしっかり役立てていただきたいところです。

   嫌いな部下に感情的に悪い評価をつけて社内の雰囲気を壊す経営者も間々いますが、O社長や拓郎氏のように、根の優しさが出過ぎて正当な評価ができない経営者もけっこういるものです。

   中小企業の社長の意外な弱点は、社員に公平な評価を下せていないことだ、と改めて思わされるところです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中