2020年 12月 3日 (木)

日本の若者「チャレンジ精神、世界最弱」 社会や社風のせいなのか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「最近の若手社員は元気がない」――こんな嘆きがしばしば聞かれるようになって久しいが、このほど、日本の若手のチャレンジ精神は世界最低ランクという調査結果が報じられ、注目を集めている。

   このような結果を招いた原因は、若者自身にあるのか、それとも日本の社会や会社の閉鎖的風潮なのか・・・。

「すっかり委縮している」

日本の若者はチャレンジしない?
日本の若者はチャレンジしない?

   「ニューズウィーク日本版」のサイトに、「世界一『チャレンジしない』日本の20代」という、センセーショナルな見出しの記事が公開された(2015年12月1日)。 武蔵野大学講師の舞田敏彦氏が、各国の研究者が実施する「世界価値観調査」2010~14年の結果を分析。

   それによると、「新しいアイディアを思いつき、クリエーティブであることを大切にしている」に自分が当てはまると考える20代は、日本が50.9%だったのに対し米国では73.2%。「冒険してリスクを冒すこと、刺激のある生活を大切にしている」では日本が23.1%に対し米国が55.8%と、いずれも大きく差を付けられている。

   さらに59か国の中で見ても、日本はどちらも圧倒的に低くなっている。舞田氏は「日本の若者は、すっかり委縮している。社会的な統制が強いはずの旧共産圏以上だ」と嘆く。

   一方で「クリエーティブな人材が欲しいと言いながら、斬新なことを提案したり、商談でイニシアチブを取ったりする若手を『生意気だ』と言って排除していないだろうか」「冒険志向の低さは,失敗(道草)に寛容ではない日本社会の思想を反映している」と、企業や日本社会にも問題が大いにあるとも指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中