2019年 11月 14日 (木)

独身寮を揺るがしたシャワー室事件 「新職場ストレス」との関係

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   清潔ニッポンを代表するかのように、今や『朝シャン』は、中学生はおろか小学生にまで及んでいる。かつて、不潔、怠惰の代名詞であった男子独身寮においても『朝シャン』現象は浸透し、これをしなければ出勤もできないという若いビジネスパーソンが増えているそうである。

   そんな「朝シャン」をめぐる、ある「事件」とその背景に潜むストレスとの関係を紹介したい。

シャワー室の中央にあったモノは・・・

朝のシャワーで爽快に・・・
朝のシャワーで爽快に・・・

   A社の独身寮はすべて個室。だが、シャワー室は共同だった。多忙な朝のシャワーの時間帯は混雑を極め、改善要求が出ていた。

   しかしある日、クサイ事件が発生した。B君が朝いちばんに、いつものように『朝シャン』をしにシャワー室へ入ると、中央に大きなトグロをまいたモノ・・がドーンと居座っているのであった。

   寮での貴重な公共の場に発生したこの事件は、朝シャン族にとって多大な迷惑を及ぼす結果となった。

   「『ウン』の主をさがせ!」ということになり、寮の管理人が聞き込みをして発見した。

   ウン悪く発見された『主』は若手のイケメンC君であった。しかし、下半身の生理的事件であるだけに弁護する人も多く、はては大岡裁きのごとく不問に付すことになった。

佐藤隆(さとう・たかし)
現在、「総合心理教育研究所」主宰。グロービス経営大学院教授。カナダストレス研究所研究員。臨床心理学や精神保健学などを専攻。これまでに、東海大学短期大学部の学科長などを務め、学術活動だけでなく、多数の企業の管理職向け研修にも携わる。著書に『ストレスと上手につき合う法』『職場のメンタルヘルス実践ガイド』など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中