2020年 8月 14日 (金)

語学も「思い切った投資」必要か 近道はないと知りつつも

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   英語やそのほかの外国語ができればキャリアアップに有利、と言うはやすし。実際、行うはかたしで「武器」にまで磨き上げるのはなかなか大変。転職サイト「DODA」の調査(2014年)では、転職成功率はTOEICテストを受けている人のほうが受けていない人よりも1.23倍上という結果が出ており、言葉を学ぶことにはやはり意味がありそうなのだが。

  • こつこつやるしかありませんか
    こつこつやるしかありませんか
  • こつこつやるしかありませんか

効果を実感できるか

   外国語の習得には、やる気と根気のほかにお金も必要。転職サイト「日経キャリアNET」の調査(2016年7月28日公開)によると、語学力を習得・強化するために試した方法としては、「市販の書籍」(50%強)、「テレビ・ラジオ、インターネットの無料講座」(50%弱)、「語学教室への通学」(40%強)が上位にあげられたが、「その効果を感じた」と答えたのはそれぞれ50%以下に留まった。

   一方、「語学習得のための短期留学や研修旅行」を試したと答えたのは20%弱だったが、ほぼ100%が「効果あり」と感じたという(2016年4月、会員に対しアンケートを実施、533人が回答)。やはり思い切った投資が必要ということなのだろうか。

   ネットでご意見を拾うと、外国に行ってまで......と思い切れない人が少なくない模様。ツイッター上では、

「留学したいけどテロとかない安全な国ってどこなんだ...」
    「私も再来年くらいに留学したいけど、帰国したらすぐ就活っていう地獄」
    「海外留学したいけど、そんな勇気も金も語彙力もすべてが足りない」

といった消極的な意見が横行する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中