2021年 1月 20日 (水)

またぞろ浮上「キラキラ政策」 「プレミアム金曜」はや不人気

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

名前倒れ? 効果は?

   ツイッターの声を拾っていくうちに、雑誌「女性自身」の「名前はキラキラ、でも効果はなし『ヘンな安倍政策 急増中』」という記事が注目を集めていることを知った。同記事では慶應大学経済学部教授の金子勝さん(64)がプレミアムフライデーについて、

「ほんの2時間でも仕事が早く終わるのだから、サラリーマンやOLにとって、聞こえがいいでしょう。しかし現実的には、その分の仕事は、ほかの日に振り替えられるだけで、本当に楽になるわけではありません。こんな詐欺的手法を政府が率先して行うことが嘆かわしいです。それを『プレミアム(=上質・割り増し)』なんて笑っちゃうネーミングですね」

といった意見を寄せている。この記事に対し、

「普段は手に取らない雑誌だが、眺めてしまった」

という感想を漏らしたり、リツイートしたりしている人がいた。

   経団連は早ければ2016年10月にもプレミアムフライデーの具体的な計画を策定する予定だというが、はたして定着するのやら。(KM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中