2019年 11月 21日 (木)

30歳でもロリータ服を堂々と 「永遠のアリス」応援誌の純真

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   モノトーンのジャケットやスカート、パンツに身を包み、自己主張を抑え気味にして通勤電車に揺られる毎日。本当はパステルカラーやピンク色の服を着たいけど、もう歳も歳だし......。

   年齢相応主義の日本で、あるとき、好きなファッションにさよならを告げてはいまいか。そういうあなたを「だいじょうぶ」とやさしく勇気づけるムックが登場した。宝島社の「ETERNITA(エテルニタ)」。2016年10月6日に発売された。

  • 表紙はお姫様のような神田沙也加さん
    表紙はお姫様のような神田沙也加さん

「あぁ、やっぱり好きなんだ」

   イタリア語で「永遠の」という意味の「エテルニタ」をタイトルに据えた、「大人乙女のためのスウィート&ロリータマガジン」。ロリータ服、ゴシック服を好む女性読者を「アリス」と呼び、大人になった彼女たちのためにファッション、髪型、メークを提案する。

   表紙を飾るのはこの10月、30歳になったばかりの神田沙也加さんで、ほかのページにも中村里砂さん(27)、深澤翠さん(31)ら、「アラサー」モデル陣が登場している。深澤さんは、

「『私は私、好きと思える服だけ身に纏うの』と心から思えた年齢は過ぎ去り、肌質も似合う色もフィットするデザインも変わりました。プライベートで可愛らしいお洋服を身につけることを、少し躊躇うようになっていました」

と、自身も年齢を重ねるにつれて好きなものを我慢していたと告白。

   しかし、モデルの仕事で、レースが重なったドレスやパニエでふくらんだスカートを身に着けると「...あぁ、やっぱり好きなんだなぁ」と実感し、

「本当に好きな自分でいられる機会を失うのは、人生から甘いものを抜いてしまうようなもの。鏡とよく相談しながら、時々、甘いものをつまもうと思います」

と、「オトナアリス」宣言をしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中