2020年 7月 17日 (金)

リマインドは責任回避のため? 会議の時間、無駄にせぬ行動を(高城幸司)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   会議や打ち合わせにおいては、あなた自身が参加する立場の時と、招集する立場の時があるかと思います。いずれにせよ、最近はパソコン上のスケジューラーに「会議」や「打ち合わせ」などの予定を簡単に入れられるうえ、機械的にリマインドが届くように設定もできるので、そういったものに頼って進行するケースが多いと思います。

  • 全員そろって時間通り会議を始めるには
    全員そろって時間通り会議を始めるには
  • 全員そろって時間通り会議を始めるには

結局、あなたの時間も無駄になるから

   ただ、そうはいっても予定を忘れがちな人や、スケジューラーを見ない人、はたまた「スケジュールには入っているけど、『行く』とは言ってないよね」と他責にする人も中にはいます。

   そういう人がいることによってせっかくの時間が無駄になると、関わった人全員に迷惑がかかる結果となります。さらに、その責任があなたにあるとみなされた場合、「やるべきことをやっていない」「仕切りが甘い」などと咎められ、極めてマイナスなイメージを持たれかねません。

   そういった残念な事態を避けるには、どうすべきか。

   打ち合わせや会議をする時に、自分が召集する立場であれば、「念のためもう1回リマインドしておこう」となるものです。しかし、他の人が召集する立場だった場合、リマインドを怠ったことで誰かが参加せず、会議自体がやり直しになったとしたら? 結局、あなた自身も時間を無駄にすることになります。

   であれば、たとえあなたが集める立場ではなかったとしても、「明日の会議、よろしくお願いします」などと参加者全員に一言メールを送るのもアリだと思います。それを機に、忘れていた人が思い出してくれる可能性があるのなら、むしろ気付いたあなたが行動するべきでしょう。

   会議に来ない人がいて、その結果、みんなが損をしたり、嫌な思いをするのであれば、「僕からメールを送っておこうか?」など、自分から手を挙げて積極的にリマインドをする。そういう意識を持つことがとても大事だと思います。

   ここで間違えてはいけないのが、リマインドをする「目的」です。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中