2021年 5月 12日 (水)

わが「ヒモさん」は仏僧の如し 欲のなさたるや主人とは大違い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「納豆ご飯がいちばんうまい」

   出会った当初は、元歌舞伎町のナンバーワンホストらしく、女に貢がれた高級ブランドばかり身につけていた。私はそうとう警戒し、「この男に引っ掛かったら、お金がいくらあっても足りないぞ、びた一文払うまい」と身構えたものだ。

   ところが私との生活に慣れると、彼はあっという間に「金のかからない男」に変貌したのである。洋服は若い頃に貢がれた分がたんとあるので、新たに買わなくてもいい。ブランド物にはもともと興味がなく、趣味は前述の通り「天体観測と釣り」なので、私が負担する金額はゼロだ。

   グルメの趣味もないから、食費もかからない。「ホストをやっていた頃は高いレストランに連れて行ってもらっていたけど、結局、納豆ご飯がいちばんうまいんだよね」。納豆ご飯でいいなら、私でも何とかなる。

   ヒモなのに金がかからないとはこれいかに。いや、むしろ「金がかからない」=「理想の生活水準が低い」男だからこそ、誰のヒモにでもなれるのかもしれない。広い部屋も欲しがらず、衣服も食も、質素で満足する。ヒモさんは、消費への欲望に翻弄される私とは大違いの、まるで仏僧のような男だったのだ。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中